スペイン語の文法

No Image

まず、命令形には肯定命令と否定命令があります。その名の通り肯定命令は何かをしてほしいときに、否定命令は何かをしてほしくないときに用いられます。今回はその中で肯定命令についてやっていきます。

肯定命令

二人称単数 ...

スペイン語の文法

No Image

接続法過去は下のように活用され、二通りの活用の仕方があります。

-AR動詞 Type 1 (-ara, -aras, -ara, -áramos, -arais, -aran) または、 Type 2 (-ase, -as ...

スペイン語の文法

No Image

接続法現在での不規則動詞

接続法現在での不規則動詞は少ししかなく、直接法で動詞をしっかり活用できていればあまり問題はないでしょう。下の動詞が接続法現在で完全に不規則な動詞です。

Ser  BE動詞単数複数一人称sea ...

スペイン語の文法

No Image

今回は「接続法」の現在形をやっていきたいと思います。接続法とは英語でいう「仮定法」で、英語とは違いかなりの頻度で使われる用法なのでしっかり覚えていきましょう。

接続法現在の活用形動詞の作り方

現在の一人称単数形の動詞 ...

スペイン語の文法

条件法とは起こる「可能性」のあるものや「起こるであろう」ことを表すときに使われます。

条件法での動詞の活用の仕方は、未来形と同じく語尾を消してから新しい語尾をつけるのではなく不定詞形の動詞に語尾をつけるので、どの種類の動詞 ...

スペイン語の文法

 

スペイン語での現在完了は、英語のように完了、継続、経験を表すので「-をしたことがある」や「-をし終えた」などと訳されます。

現在完了は、 haber+過去分詞 (-ado/-ido)で表されます。 ...

スペイン語の文法

Ser

出身地を表すとき

Soy de México. 私はメキシコから来ました。

人やモノの特徴を表すとき

Soy mexicano. 私はメキシコ人だ。

時刻、曜日、日にち、月を表すとき ...

スペイン語の文法

No Image

現在進行形は現在でおこっといる出来事を表すときに使われ、日本語では「-している」と訳されます。

基本的に、進行形を表すときにはbe動詞estarと現在分詞を使います。

Estar単数複数一人称estoyestamos ...

スペイン語の文法

大まかに分けて、2種類未来を表す表現があるのでそれぞれ説明していきます。

 “Ir” + a + 不定詞形の動詞 (be going to)
ir単数複数一人称voyvamos二人称vasvais三人称vavan

No ...

スペイン語の文法

Paraとporはよく間違いやすいスペイン語の表現の一つなので、それぞれの用法をまとめてみました。

Para

目的を示すとき

Para pasar la clase, estoy estudiando m ...